まなねこボラメンバーなんちゃん

こんにちは!
ボランティアのとらぁです!!
今日は同じボラメンバーのなんちゃんの話をしたいと思います!!
なんちゃんは…とっても可愛い女の子❤️
でも、それだけではなかったのです。なんと…


彼女は…



猫だったのです…!!!


(茶番)笑


…なんちゃんは保護猫ちゃんのうちのひとりです。
びじんさんでしょお?(〃ω〃)
とっても小柄さんなんですが、なんと2匹の子供連れでした。
↓子も美形そろい❤️🥰❤️左がすーくん(♂)右がせんちゃん(♀)
そんななんちゃん、来た頃は触らせてくれたのに、だんだん気が荒くなってきて、スタッフみんな「???」だったのですが、それから数日後に病院に連れて行ってビックリ。

なんと妊娠発覚!


妊娠お母さんモードに入ったからシャーシャーになったのでした。
   
  _人人人人人人_
😾> シャー!!! <
   ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄
そしてなんちゃんは数週間後の3月28日に2匹の可愛い赤ちゃんを産みました!
黒ちゃんとハチワレちゃん!
私は産まれたての赤ちゃんみるのが初めてだったので、もうほんとにプルプル動いてる姿に感動…✨
そしてシャーシャーしながらおっぱいあげる小さなお母さんにまたまた感動…✨
なんちゃん、よく頑張ったね〜✨😭✨

……と、ここまでですと、なんちゃんは普通(?)の保護猫ママなのですが笑

それから何と4日後、代表がカラスに狙われてる産まれたての赤ちゃんを2匹保護したのです。
2匹の赤ちゃんのうち1匹はかなり低体温化していて、スタッフのマダムKが懸命に温めて、一命を取り止めました…!😂
しかしまだ余談を許さないし、お乳は寝ずのお世話が必要…さて、どうするか…
そんな時白羽の矢が立ったのが!

そう! なんちゃん!!😆

一か八かで自分の子育て中のなんちゃんのベッドに入れてみると、なんちゃんは黙って(?)2匹を受け入れてくれたのでした😭✨

なんちゃんは毎日 自分の子供と一緒に温めて、お乳をあげて、舐め舐めもしてくれて、みんな順調に体重も増えていっています。

なんちゃんがいなかったら、私たちメンバーはこれまでの昼夜交代じゃ間に合わず、授乳や部屋の温度維持など、もっとずっと大変な事になっていました。

ある意味私たちよりもネコ子育てのプロが赤ちゃんのお世話を引き受けてくれたのです。頼もしい味方!!

これがまなねこメンバーと言わず何と言うのか…!!


✨😭✨


なんちゃん、

ホントにありがとう〜!😂❤️

全力サポートするので、よろしくお願いします!!!!✨🙏🙏🙏🙏🙏✨

せん「…ねぇ、すー兄…弟がいつのまにか増えたね」
すー「気のせいじゃない?」

保護猫ハウス まなねこ

2021/2/2 京都市西京区にオープンした 猫の保護施設 「保護猫ハウス まなねこ」です。 現在猫の受け入れ、一時預かりは行っておりません。

0コメント

  • 1000 / 1000